銀めっきの特徴

  • 銀は白色の貴金属で銅よりも軟らかく、金よりも硬く、価格は金より安価です。人体に無害で、外観が美しく、熱、電気の良導体で、洋食器、装飾部品、電気部品、機械部品などにめっきされています。
  • 電気めっきのほか、置換反応および銀鏡反応を利用した無電解めっき法もあります。
  • 銀めっきの欠点は、銀が空気中で変色しやすく、特に硫黄を含む雰囲気に弱く、茶褐色、青黒色に変色し、外観および電気的接触が悪くなります。
  • また、なじみ性がよいので、機械部品のしゅう動部分にめっきされます。
  • 電気めっきはシアン浴が一般的で、ノーシアン浴として、メタスルホン酸銀よう化カリウム系の浴が開発されている。リードフレームのめっきでは、フリーシアンのない高速度めっき浴が使用されています。
  • 銀めっき液は、置換反応による置換めっきをおこしやすく、密着不良になるので、あらかじめ銀ストライクめっきをするのが望ましいです。銀ストライクめっきは、3~5秒間めっきをします。バレルめっきの場合では、バレルを1~2回転させます。
めっき後の変色防止方法
  • ロジウムめっき
  • クロメート処理(たとえば無水クロム酸100g/L溶液に浸漬する。)
  • メラミン系透明塗装
  • ワセリンを溶かした溶剤に浸漬する。
引用、参考文献:
『日刊工業新聞社刊 (社)表面技術協会編 表面技術便覧』、
『日本鍍金材料協同組合発行 藤ヶ谷雄章編 めっき技術ガイド改訂版』、『日刊工
業新聞社刊 丸山清著 初級めっき』

めっきガイド

日本プレーテック株式会社0287-36-1050受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ