鉄めっきの特徴

  • 浸炭や窒化処理などで高硬度表面が得やすいです。
  • 耐摩耗性が高い。
  • ほとんどのめっき素材に対し密着性の良いめっき皮膜が得られ、尚且つ鉄めっき皮膜は溶接性が良い為、そのままでは溶接できない金属間での溶接用途としても期待できます。
  • 使用用途としては、印刷板、電動タイプライターのタイプの製造、ゴム、ガラス及びプラスチックの金型、アルミニウムピストンの表面被覆、シャフトやピストン等の摩耗部分、誘導コイルのコアや軟磁性材料等に多くみられます。
鉄合金めっき
  • 代表的なものとして、鉄-炭素合金めっき皮膜、鉄-ニッケル合金めっき、鉄-クロム-ニッケル合金めっきなどがあります。
  • 合金皮膜使用の目的としましては、鉄めっきより優れる耐摩耗性、磁気的性質を利用した磁性材料用、鉄鋼材料の防食用等があります。
引用、参考文献:
『日刊工業新聞社刊 (社)表面技術協会編 表面技術便覧』、
『日本鍍金材料協同組合発行 藤ヶ谷雄章編 めっき技術ガイド改訂版』、『日刊工
業新聞社刊 丸山清著 初級めっき』

めっきガイド

日本プレーテック株式会社0287-36-1050受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ