TOP >  設備・処理例 > めっき処理例 > めっき処理一覧

めっき処理一覧

めっき処理一覧PDF(2017年1月31日更新)ダウンロード

1.亜鉛めっき    自動機

JIS表記
Ep-Fe/Zn
素材
鉄鋼
特長・用途
3価クロメート、黄色、シルバー、黒色シアンフリー
処理可能サイズ
W 350 × D 280 × H 1000 mm
備考
環境負荷の高いシアン、6価クロムを使用していません。
10

2.亜鉛めっき2    自動機

JIS表記
Ep-Fe/Zn
素材
鉄鋼
特長・用途
前処理が容易で密着性が良い
3価クロメート、シルバー
処理可能サイズ
バレル
φ380 × 570 mm
備考
めっき後の加工性が良い

3.亜鉛めっき3

JIS表記
Ep-Fe/Zn
Ep-Al/Zn
素材
鉄鋼
特長・用途
MIL規格対応
六価クロメート(黄色、シルバー、緑色)
処理可能サイズ
W 300 × D 300 × H 450 mm
備考
MIL規格(防衛庁)に対応した処理ができます。

4.亜鉛-鉄合金めっき  自動機

JIS表記
Ep-Fe/Zn-Fe
素材
鉄鋼
特長・用途
亜鉛めっきより高い耐食性
3価クロメート、黄色、黒色
処理可能サイズ
W 2000 × D 300× H 1000 mm
備考
シアンを使用せず、また高い耐食性が得られます
4

5.すずめっき1    自動機

JIS表記
Ep-Cu/Sn
素材
銅合金
特長・用途
銅ガスケットのシール性アップ
処理可能サイズ
バレルφ250×490 mm
備考
5

6.すずめっき2    自動機

JIS表記
Ep-Cu/Sn
Ep-Fe/Cu,Sn
素材
銅合金
鉄鋼
特徴・用途
電気部品などに
Cuめっき+Niめっき+Suめっき、Cuめっき+Niめっき、Cuめっき+Snめっき+Snめっき等が可能
処理可能サイズ
バレル φ250×450mm

7.すずめっき3

JIS表記
Ep-Cu/Sn
Ep-Fe/Cu,Sn
素材
銅合金、鉄鋼
特徴・用途
電機部品や初期摺動性(がじり防止)の向上
処理可能サイズ
W 400 × D 100 × H 750mm
備考
Cu下地めっき+Ni下地めっきが可能

8.すずめっき4

JIS表記
Ep-Cu/Sr
素材
銅合金
特長・用途
電子部品へのめっき
処理可能サイズ
オートギルダーφ160×330 mm
備考
微細物への精密めっきライン

9.銅+すずめっき   自動機

JIS表記
Ep-Al/Cu,Sn
素材
アルミ
特長・用途
エアコンプレッサピストン専用ライン
初期摺動性(がじり防止)
処理可能サイズ
W 1200 × D 950 × H 150 mm
備考
アルミ材への銅めっき、すずめっきが可能です。
同・すずめっき

10.置換すずめっき

JIS表記
Elp-Al/Sn
素材
アルミ(鋳物)
特長・用途
エアコンコンプレッサピストン
初期摺動性(がじり防止)
処理可能サイズ
W 380×D 500×H 200 mm
備考
膜厚1μm前後の化学めっき

11.すず-銀合金めっき(はんだ)

JIS表記
Ep-Cu/Sn-Ag
素材
銅合金
特長・用途
鉛フリーはんだ 電子部品へのめっき
処理可能サイズ
オートギルダーφ160×330 mm
備考
微細部品への精密めっきライン

12.ニッケルめっき

JIS表記
Ep-Fe/Ni
Ep-Cu/Ni
素材
鉄鋼、銅合金
特長・用途
防錆、装飾
処理可能サイズ
W 200×D 500×H 500 mm
備考
銅+ニッケルめっきも可能です。
(Ep-Fe/Cu,Ni)
11

13.無電解ニッケルめっき1

JIS表記
Elp-Fe/Ni-P
素材
鉄鋼
特長・用途
ベーキングにより硬度を高くできる
耐食性、耐摩耗性
処理可能サイズ
W 500×D 300 × H 600 mm
備考
めっき厚を均一に処理できます。
無電解ニッケルめっき

14.無電解ニッケルめっき2

JIS表記
Elp-Fe/Ni-p
素材
鉄鋼
特長・用途
ベーキングにより硬度を高くできる
耐食性・耐摩耗性に優れる
処理可能サイズ
W 500 × D 300 × H 600 mm
備考

15.無電解ニッケルめっき3

JIS表記
Elp-Fe/Ni-P
素材
鉄鋼、SUS、アルミ
特長・用途
MIL規格対応
処理可能サイズ
W 300×D 300×H 450 mm
備考
MIL規格(防衛庁)に対応した処理ができます

16.銅めっき

JIS表記
Ep-Fe/Cu
素材
鉄鋼
特長・用途
シアン化浴
処理可能サイズ
バレル
φ335×685 mm
備考
物性の良い銅めっき
14

17.銀めっき    自動機

JIS表記
Ep-Fe/Cu,Ag
素材
鉄鋼
特長・用途
初期摺動性(がじり防止)に優れる
処理可能サイズ
バレル
φ205×490 mm
備考
15

18.化成被膜処理

JIS表記
素材
アルミ
特長・用途
3価 防錆
処理可能サイズ
W 500 × D 2150 × H 900 mm
備考
防錆や塗装の下地処理にも使用されます
(密着性の向上)
17

19.りん酸亜鉛皮膜処理

JIS表記
素材
鉄鋼
特長・用途
防錆、塗装下地
処理可能サイズ
W 600 × D 350 × H500mm
備考
塗装下地・そのまま使用する場合は防錆油を塗布

20.洗浄

JIS表記
素材
アルミ,SUS
特長・用途
精密機器用アルミ、SUSの洗浄、精密洗浄
処理可能サイズ
W 1500 × D 1900 × H 600mm
備考
大きなものも洗浄できます

21.試作他

JIS表記
素材
各種素材に対応
特長・用途
量産していない処理にでもご要望があれば対応します
処理可能サイズ
備考
コバルト系合金めっき、金めっき、
鉄合金めっき等実績あり

22.鉄めっき

JIS表記
Ep-Al/Fe
素材
アルミ
特長・用途
被膜硬度がビッカーズで 550HV
窒素処理を施した場合 850HV
樹脂成型金型(アルミ型)の表面処理として
処理可能サイズ
備考
自社開発した鉄めっき浴を使用
鉄めっき

23.鉄クロム合金めっき

JIS表記
素材
アルミ
特長・用途
被膜硬度 850HV
浸硫窒化を施した場合 1100HV
ページ上部へ戻る