TOP >  技術情報 > 特許・商標登録 > 特許ならびに商標登録

特許ならびに商標登録

自動車をはじめとする各種輸送機器類は省エネルギー等の観点から軽量化が進み、そのためにアルミニウムを主要成分とする材料の使用目的に応じた表面改質技術の検討が行われてきました。

弊社では平成9年度栃木県地域改善費補助金を受けて以来、将来の発展を念頭に技術開発型の企業を指向してまいりました。
また、平成15年4月には「夢つくり めっき工房 那須山麓」を設立し、技術開発型企業への第一歩をふみだしました。

これらの取り組みの一環としてかねてよりアルミニウムおよびその合金の耐摩耗性改善を目的とした鉄または鉄-クロム合金めっき、ならびにこれに熱拡散あるいは窒化系の表面熱処理を複合させた表面改質処理の研究を行ってきました。これらの研究成果を特許に纏めて申請し、下記の特許が許可されました。

特許ならびに商標登録

1.日本国特許

  1. 特許第3673886号
    発明の名称: 耐摩耗性の鉄・クロムメッキアルミ二ウム材料
    特許許可年月日: 平成17年5月13日
  2. 特許第3711510号
    発明の名称: クロムを含む鉄系合金をメッキしたアルミニウム材料の製法とアルミニウム材料
    特許許可年月日: 平成17年8月26日
  3. 特許第3915762号 
    発明の名称:部分めっき装置
    特許許可年月日:平成19年2月16日
  4. 特許第3953921号
    発明の名称: ダイヤモンドQCMの作製方法及びダイヤモンドQCM
    特許許可年月日: 平成19年5月11日

tokkyo-japan-1

tokkyo-japan-2

2.U. S.Patent

  1. Patent Number:6,149,790
    Title of the Invention:Method of Making Iron-Electroplated Aluminum Materials.
    Date of Patent: Nov. 21, 2000

アメリカ特許

3.E. U. Patent

  1. European Patent No.:0892088
    Title of invention:Method of making iron electro plated aluminium materials.
    Date of Patent:Aug. 22. 2001

EU特許

4.中華人民共和国特許

  1. 特許No.:123739
    発明の名称:アルミニウム合金の電気めっきによる鉄合金皮膜の製造法
    特許許可年月日: 2003年9月24日

中国特許

5.大韓民国特許

  1. 特許No.:第 10-0706069号
    発明の名称:部分鍍金裝置
    特許許可年月日:2007年4月4日

大韓民国特許

商標登録

トライボロコート

  1. 鉄または鉄‐クロム合金めっき、あるいはこれに熱拡散、窒化系の表面熱処理等を複合処理したものは耐摩耗性、耐焼付性に優れ、ことに潤滑下では極めて低い摩擦状態を呈することから、このような皮膜を Tribolocote トライボロコートと名付け、商標登録しました。
    登録第4870008号
    登録年月日:平成17年6月10日

トライボロコート

ページ上部へ戻る